喘息、肺炎、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、気管支喘息、肺がん・・呼吸器の病気は様々なものがあります。しかし「聞いたことはあってもよく知らない」という方が多いのではないでしょうか。名古屋市天白区,日進市の梅が丘内科とアレルギーのクリニックでは、呼吸器を専門的に診察します。

呼吸器科とは、呼吸をする肺、気管支、喉の病気を診療する科です。院長は呼吸器が専門です。肺炎、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、気管支喘息、肺がん・・・呼吸器の病気は様々なものがあります。しかし「聞いたことはあってもよく知らない」という方が多いのではないでしょうか。

気管支喘息

長引く咳、それは喘息かもしれません・・・

気管支喘息とは

気管支喘息とは、肺につながる空気の通り道である気道が炎症を起こしている状態です。炎症といわれてもなんとなくはわかるけど、ピンとこない方が多いと思います。

続きを読む

トップに戻る

気管支喘息ー診察・検査の流れ

  1. スタッフが簡単な質問用紙をおわたしします
  2. スタッフが症状をおききします
  3. 医師が診察をします。聴診では、喘鳴が大事です。

さらに、病状にあわせて、以下の検査をうけることができます。

続きを読む

トップに戻る

気管支喘息の治療

空気の通り道である気道の炎症を抑える薬剤を上手に使うことがだいじです。喘息は、気道がはれているので、気道に皮膚に塗り薬をぬるように、薬をつけたいところです。気道は皮膚のように手で塗るわけにはいきません。そこで、でてきたのが、気道への塗り薬、吸入薬です。

続きを読む

トップに戻る

気管支喘息の治療の目標

  1. 健常人と変わらない日常生活が送れること。正常な発育が保たれること
  2. 正常に近い肺機能を維持すること
  3. 夜間や早朝の咳や呼吸困難がなく十分な夜間睡眠が可能なこと
  4. 喘息発作が起こらないこと
  5. 喘息死の回避
  6. 治療薬による副作用がないこと
  7. 非可逆的な気道リモデリングへの進展を防ぐこと

全く症状のない状態が目標です。炎症を完全におさえれば、健康な人と変わりありません。小児の場合は、成人喘息への予防も目標です。

トップに戻る

咳喘息

喘息のなかで、喘鳴がなく咳だけのものを咳喘息といいます。放置すると気管支喘息へ進展します。早期治療が大事です。

咳喘息とは

咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。

続きを読む

咳喘息の治療

吸入ステロイド

吸入による気管支拡張剤で治療をおこないます。ロイコトリエン拮抗薬という内服で治療をおこなう場合もあります。咳喘息であれば、有効なことがほとんどで、ほとんどのかたが症状がなくなります。しかし、症状がとまったあとも、しばらく治療を継続する必要があります。短くて、3か月、2年くらいつづけることもあります。再発が多いので、再発時には治療期間をながめにいたします。気管支喘息とのちがいは、喘鳴があるかないかです(病気の本体は同じと考えられています)。

COPD(タバコによる気管支、肺の慢性炎症性疾患)、肺気腫

COPDはあまり聞きなれない言葉かもしれません。 言葉の定義ですが、慢性閉塞性肺疾患を英語でいうとchronic(慢性の) obstructive(閉塞性の) pulmonary(肺の) disease(疾患)となり、頭文字をとり、COPDといわれています。 COPDは長期間の喫煙が原因で息がはきだしづらくなる、肺の生活習慣病です。

続きを読む

トップに戻る