長引く咳を放っておくと、何ヶ月も気管支に炎症を起こしている状態になり、気管支が変形してきます。その結果、風邪をひくたびに咳が出やすくなったり、本格的な気管支喘息を発症したりする可能性も…。当院では、咳の診断治療を専門的に行っています。ガンコな咳を放っておかず、なるべく早めにご来院ください。

咳・喘息外来について


頑固な咳が1~2週間以上続く・・・。ただの風邪と思ってほおっておかないでください。重要な病気が潜んでいる可能性があるのです。
当院では、咳の性状と期間を重視して診察をおこなっています。

性状
乾いた咳(コン、コン)
痰がからんだ咳(ゴホン、ゴホン)
犬が吠えるような咳(ケン、ケン)

期間
0~3週間 急性の咳
3~8週間 遷延性の咳
8週間以上 慢性の咳

​慢性咳嗽の原因で多いのが、咳喘息です。咳喘息とは喘息ですが、喘鳴、呼吸困難をともなわない、咳だけの喘息です。

続きを読む

トップに戻る

咳が長引く疾患


慢性咳嗽(8週間以上続く咳)のおもな原因は咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症、感染後咳嗽、百日咳、マイコプラズマ感染症、慢性気管支炎(COPD)、ACE 阻害薬(血圧のお薬)による咳なさまざまなものがあります。しかし「聞いたことはあってもよく知らない」という方が多いのではないでしょうか。

続きを読む

トップに戻る

 

咳喘息とは


​そもそも咳喘息とはなんでしょうか?名前をよくみると、咳と喘息にわけることができます。すなわち、咳喘息も喘息なんですね。気管支喘息と咳喘息の違いはなんでしょうか?気管支喘息とは、いわば気管支の喘息です。

続きを読む

トップに戻る

咳・喘息外来ー診察・検査の流れ

1.スタッフが簡単な質問用紙をおわたしします。
2.スタッフが症状をおききします。
3.医師が診察をします。

ここまでで診断のおおよそのめどをつけます。​
さらに、病状にあわせて、以下の検査をうけることができます。

続きを読む

トップに戻る

actスコアについて

actスコアとは、喘息の症状を評価するスコアで、現在はweb問診で、咳、喘息を主訴に来院される方、また、定期受診で喘息、咳の定期受診の方にかいてもらっています。

治療について


咳喘息 吸入ステロイド、吸入による気管支拡張剤で治療をおこないます。ロイコトリエン拮抗薬という内服で治療をおこなう場合もあります。咳喘息であれば、有効なことがほとんどで、ほとんどのかたが症状がなくなります。しかし、

続きを読む

アトピー咳嗽 気管支拡張剤が無効なのが、咳喘息との違いです。抗アレルギー剤を使用しますが、吸入ステロイドも有効です。アトピー咳嗽とはっきりわかれば、症状が軽快すれば、比較的早めに治療を終了できますが、咳嗽が軽快して治療を終了すると、咳嗽の再燃を認めることが多いといわれているので注意が必要です。

マイコプラズマ感染症 我が国で一番多く使われる、セフェム系抗生物質はがありません(マイコプラズマという病原体が、普通の細菌と構造が異なるからです)。

続きを読む

百日咳 エリスロマイシン、クラリスロマイシンなどのマクロライド系抗菌薬を使用します。服用開始から5日後には菌の分離はほぼ陰性とります。しかし、再排菌などを考えますと、抗生剤の投与期間として2週間程度をおすすめしています。

副鼻腔気管支症候群 症状が軽い場合は去痰薬を用いた治療を行います。症状が進行している場合にはエリスロマイシン、クラリスロマイシン、アジスロマイシンといったマクロライド系抗菌薬の少量長期投与を行います。咳や痰、鼻づまりなどの症状は投与後4週頃から改善してくることがおおいです。効果があれば数ヵ月から年単位で治療を継続していきます。

胃食道逆流症 胃酸をおさえる薬を処方します。食後、すぐに横にならないようにしましょう。

感染後咳嗽 対症療法をおこないます(日にち薬です)

​慢性気管支炎 去痰剤を用います。禁煙を強くおすすめします。

ACE 阻害薬による咳 血圧の薬の変更を検討します。​

トップに戻る

咳喘息の場合の、治療期間について


症状がなくなっても完全に炎症がおさまるまで治療を続けることが大事です。気道の炎症というのは症状がないために自分ではわかりません。気道の好酸球性炎症を測定する検査もありますが、あくまでも参考値です。いままでの症状の程度から類推して、治療期間を決めます。

続きを読む

トップに戻る

咳と漢方治療


西洋治療をしても効果がない場合は漢方治療が有効なことがあります。まず、咳がでるメカニズムは完全にはわかっていません。ただ、咽喉頭と気管と食道と胃の間に咳の出る受容体があります。そこへの刺激で咳がでることがあります。漢方の世界では気虚という言葉があります。

続きを読む

トップに戻る