アレルギー性疾患に苦しむ患者様が増えています。現在、大変いいお薬があり、気管支喘息やアトピー性皮膚炎は、治療次第で早く改善することも多くなっています。誤解の多いステロイド剤も、上手に使えば、お子様にも安全で効果的な治療法になります。まずはご相談ください。

アレルギーの血液検査

アレルギー症状の原因アレルゲンの検査は血液で、ある程度はわかります。
アレルギーがご心配な方はご自身がどんなアレルギーをお持ちなのか、一度血液検査を受けられることをおすすめいたします。また心当たりがあるアレルゲンがあればご相談ください(検査はひとつから可能です)

続きを読む

先頭に戻る

アトピー咳嗽

咳喘息と非常にまぎらわしい疾患です。咳喘息との違いは喘息の代表的な治療薬である気管支拡張剤の効果が不良なことです。またアレルギーの関与が強く、いわゆる抗ヒスタミン剤がよく効きます。

続きを読む

先頭に戻る

アレルギー性鼻炎、花粉症

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、アレルギー疾患ですので、耳鼻科や眼科だけでなく内科でも治療を行っております。

当院では、鼻水やくしゃみといった辛い症状を抑える内服薬はもちろんのこと、鼻吸入で直接炎症をおさえたり、点眼薬・点鼻薬の処方も行っております。採血でのアレルギー検査も行っておりますので、ぜひ、ご相談下さい。

続きを読む

先頭に戻る

花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

​季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

【主なアレルゲン】
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

【症状】
鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

続きを読む

先頭に戻る

花粉症の治療

一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛び始めます*。花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始(初期療法と言います)することが最も効果的とされています。そのため、1月中旬までには、医師に相談して、あなたの生活スタイルに合った花粉症対策を始めることが重要です。

続きを読む

先頭に戻る

舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎には通常、症状をおさえる、対症療法がおこなわれますが、免疫療法とは、病気の原因となるもの(アレルゲンと言います)を少ない量からゆっくり増やして体内にいれて根本から治そうとする方法です。

続きを読む

先頭に戻る

スギ花粉症

​​スギ花粉症には舌下免疫療法がございます。現在はシダトレン(液体)とシダキュア(錠剤)が使用できますが、今後はシダキュアを主体にしていく方針です。スギ飛散期は治療開始ができません。当院で治療開始を、6月から12月までとさせていただいています。一度治療にはいり、安定していれば、スギ飛散期も治療を継続します。初回は副作用確認のため、30分程度のお時間が必要です。診察もあわせて、診察終了時間の1時間前までに来院ください。シダキュア(錠剤)は2種類の薬剤(2000JAU,5000JAU)があります。1回目に2000JAUを1週間処方し、1週間後に来院いただき、問題がなければ、5000JAUを10~30日分処方します。2019年5月までは新薬の扱いで、最高で2週間までしか処方ができません。

先頭に戻る

ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎

ダニに対する減感作療法として、ミティキュア(錠剤)が使用できます。スギ花粉症と異なり、一年中いつでも治療開始ができます。初回は副作用確認のため、30分程度のお時間が必要です。診察もあわせて、診察終了時間の1時間前までに来院ください。ミティキュア(錠剤)は2種類の薬剤(3300JAU,10000JAU)があります。1回目に3300JAUを1週間処方し、1週間後に来院いただき、問題がなければ、10000JAUを10~30日分処方します。

先頭に戻る

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。アトピー性皮膚炎の皮膚の特徴を一言で言うと皮膚のバリアー機能の低下です。

続きを読む

先頭に戻る

アトピー性皮膚炎の原因

​​アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚の慢性の炎症です。では、どうして炎症がおきるのでしょうか?さまざまな原因があります。​アトピー性皮膚炎の患者様では、免疫が過剰に反応してしまい、炎症がおこっていると考えられます。

続きを読む

先頭に戻る

アトピー性皮膚炎の治療

プロアクティブ療法

「プロアクティブ」とは「問題が発生してから対応する「リアクティブ」でなく、問題が起こる前に率先して手を打ち、先を見越した対応をとること。」とされています。アトピー性皮膚炎では、ステロイド外用薬と免疫抑制外用薬が治療の主役です。

続きを読む

先頭に戻る

スキンケア、皮膚の清潔

乾燥はアトピー性皮膚炎の最大の増悪因子です。様々な保湿剤、皮膚保護材が販売されています。皮膚の保湿作用の強さとベタツキ感など使い勝手で、どれを使用するか決めることになります。季節も選択の要因です。

アトピー性皮膚炎の炎症部位からは、よく黄色ブドウ球菌という細菌が検出されます。この菌が引っかいてできた傷やバリア機能が低下した皮膚から侵入することがあるので、入浴やシャワーなどで洗い流す必要があります。また、炎症の引き金となるような刺激物質を洗い流すという意味からも、皮膚を清潔に保つことは重要です。ただし、以下の注意点を守ってください。

  • 皮膚の汚れはできるだけ早く落とす。
  • 洗う時にゴシゴシこすらない。
    • 石鹸をよく泡立て、柔らかいタオルや手のひらでなでるように洗う。
    • 症状が強い時は石鹸などを使わずお湯をかけて流すだけでも良い。
  • 石鹸やシャンプー
    • 香料や合成添加物が少ないもの、界面活性剤の含有量の少ないものを選ぶ。
    • 泡が残らないように十分すすぐ。
    • 刺激を感じる時は使わず、お湯で洗い流すだけでもよい。
  • かゆみを感じるほど熱いお湯は避ける。ぬるま湯が望ましい。
  • 入浴後にほてりや刺激を感じさせる入浴剤は使わない。
  • カゼなどで入浴できないときは、軽くシャワーを浴びるか、清潔な濡れタオルで全身をふく。
  • 入浴後は、できるだけ早く保湿する。
    • 入浴で皮膚に入った水分は、10分程度で蒸発してしまう。アトピー性皮膚炎の人ではさらに短時間で蒸発してしまうので、入浴後はできるだけ早く保湿剤を塗ることが重要である。刺激がなければ、水分を補給する化粧水タイプのローション剤を塗った後に、保護や蒸発を防ぐ保護剤を使うとより効果的。

先頭に戻る

蕁麻疹

蕁麻疹とは

じんましんは漢字で「蕁麻疹」と表し、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。人がイラクサ(蕁麻(じんま))の葉に触れると同様の皮膚症状が起こることからこの名前がつきました。大抵は痒みを伴いますが、チクチクとした痒みに似た感じや焼けるような感じを伴うこともあります。

続きを読む

先頭に戻る

蕁麻疹の原因

蕁麻疹にはアレルギー性と非アレルギー性のものがあります。アレルギー性の蕁麻疹の場合は、疑わしい食品や、その食品のエキスなどを用いた皮膚検査、または血液検査により比較的簡単に原因を突き止めることができます。一方非アレルギー性の仕組みで起こる蕁麻疹の場合はその食品の食べ方や量、消化管からの吸収のされ方などに大きく影響を受けることが多いため、皮膚や血液を用いた検査では原因を明らかにすることができません。

続きを読む

先頭に戻る

アレルギーマーチ

アレルギーマーチという言葉を聞いたことがあるでしょうか?「アレルギーマーチ」というのはアレルギーの行進という意味で、アレルギー素因のある、子供が乳幼児期にまずアトピー性皮膚炎や湿疹を起こし、年齢と共に気管支喘息やアレルギー性鼻炎にもなるなど、次から次へとアレルギーが症状を変えて進展していく様子を行進に例えてこう呼んだものです。

続きを読む

先頭に戻る