痛くないインフルエンザ検査

新年あけましておめでとうございます。1月3日に医師会の休日診療所で診察をおこなってまりました。ほとんどがインフルエンザの方でした。医師会の検査キットは5分と早いです。検査は鼻に綿棒をいれて、ウィルス抗原を検出します。これは痛いですよね。鼻汁鼻かみ液(要するに鼻水です)で検査ができるインフルエンザキットがあります。鼻汁鼻かみ液(鼻水)で検査と聞くと、本当に検査できるの?と思いますよね。確かに、鼻に綿棒をいれたほうが、くわしくわかりそうですよね。そこでデータを確認してみました。鼻汁鼻かみ液でA型インフルエンザ、B型インフルエンザともにおおむね感度、特異度ともにおおむね(一部90%をしたまわるものもありましたが)、90%をこえ、95%近くでした。当院でも、鼻汁鼻かみ液の検査をおこなっています。希望される方は鼻水をかまずに来院ください。

おすすめ記事

アーカイブ