アトピー咳嗽

咳喘息と非常にまぎらわしい疾患です。咳喘息との違いは喘息の代表的な治療薬である気管支拡張剤の効果が不良なことです。またアレルギーの関与が強く、いわゆる抗ヒスタミン剤がよく効きます。治療は抗ヒスタミン剤と気道のアレルギーを鎮める吸入ステロイド剤です。こちらは一般的に喘息になっていかないと考えられていますが、咳喘息との鑑別は症状だけでは、難しいこともあります。検査でしいてあげるなら、咳喘息では呼気中NOがあがりますが、アトピー咳嗽ではあまりあがりませんが、それだけで断定はできません。しばらくかよっていただければ、ほとんどの場合はなんとなくどちらかわかりますが、初めの治療は、治療は咳喘息とほとんどかわりませんので最初から無理に鑑別する必要がないといわれています。半数以上の方で再発しますが、最初と同じ治療で治まります。