病気の予防

花粉症

愛知県でもスギ花粉の飛散がはじまったようです。日本気象協会によると愛知県は今年のスギ花粉の飛散量は昨年と同等と予想されていますが、昨年が例年より多い飛散量でしたので今シーズンは例年より多い飛散量となりそうです。

花粉症は症状がではじめてから治療を開始したのでは効果がでるのに時間がかかり、特にピーク時の症状のコントロールは困難といわれています。一般に予め、花粉症と診断されているのであれば”花粉の飛散がはじまったら”、”症状の出る前に”治療を開始するのがもっともよいとされています。なおスギは減感作療法が舌下でできるようになり、毎年スギ花粉で悩まされる方には、ぜひおすすめします。ただし、スギ花粉飛散期は治療開始できず、新たに治療開始されるかたは、6月以降からの開始となります。

すでに”スギ花粉症”と診断されている方は早めの治療開始をおすすめいたします。また「気管支喘息を合併しているかたは、花粉症症状とともに喘息症状の悪化がみられる場合もあるため、治療開始することをおすすめいたします。

関連記事

イメージキャラクター

梅ちゃん

イメージキャラクターの梅ちゃんです。

おすすめ記事

アーカイブ